サイト内検索



当ホーム・ページに掲載さ れている内容はインテグラル・ジャパンに帰属します。著作権保持者の許可なく、これらを無断で複製・複写・翻訳・転載することを禁じます。

BLOG & Website

最新情報は、インテグラル・ジャパン代表・鈴木規夫による下記ブログで発信しています。

IJスタッフであり エネルギーワーカー・臨床心理士 として活躍している嶋原兆子によるウェブサイトです。

 

イベント情報

全五回シリーズ インテグラル・シンキング(オンライン)

詳細情報&申し込み
https://life-practice.h-potential.org/course/integral-thinking

 

マインドセット・デザインズ「対人援助職のためのインテグラル理論入門講座」動画販売

先日、臨床心理士の廣田靖子さんに統括していただき開催した「対人援助職のためのインテグラル理論入門講座」の講義動画を販売することになりました。

こちらのマインドセット・デザインズのウェブサイトで購入手続きが可能となっています↓

 

全五回シリーズ インテグラル・ライフ・プラクティス(オンライン)

詳細情報&申し込み
https://life-practice.h-potential.org/course/integral-life

開催日
11/16(月)19:00?20:15(75分)
11/26(木)19:00?20:15(75分)
12/10(木)19:00?20:15(75分)
1/13(水)19:00?20:15(75分)
1/20(水)19:00?20:15(75分)

対人援助職のためのインテグラル理論中級編(オンライン)

詳細情報&申し込み
https://mindset.tokyo.jp/news/

開催日
11月1日、15日、12月13日、20日(いずれも日曜)19時30分〜21時30分

内容
第1回:「インテグラル」な対人支援とは何か?
第2回:発達理論の要諦#1
第3回:発達理論の要諦#2
第4回:フリーでのQ&A、ディスカッション

連続講座全体のナビゲーター
鈴木 規夫 & 廣田 靖子

 

新刊情報

『INTEGRAL LIFE PRACTICE 私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル』

ケン・ウィルバー (著), テリー・パッテン (著), アダム・レナード (著), マーコ・モレリ (著), 鈴木 規夫 (翻訳)
日本能率協会マネジメントセンター, 2020年8月刊行

 

『入門 インテグラル理論 人・組織・社会の可能性を最大化するメタ・アプローチ』

鈴木 規夫 (著), 久保 隆司 (著), 甲田 烈 (著
日本能率協会マネジメントセンター, 2020年3月刊行

 

 

『インテグラル理論を体感する 統合的成長のためのマインドフルネス論』

ケン・ウィルバー著, 門林奨 訳
コスモス・ライブラリー, 2020年2月刊行


 

『万物の歴史』
(1996年に発行された本の復刊)

ケン・ウィルバー著, 大野純一 訳
春秋社 2020年4月刊行


 

 

『インテグラル理論:多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル』

ケン・ウィルバー著, 加藤洋平 監訳, 門林奨 訳
日本能率協会マネジメントセンター, 2019年6月刊行

翻訳書紹介

『インテグラル理論:多様で複雑 な世界を読み解く新次元の成長モデル』 門林 奨

ウェブページ更新情報

2020年

  • 10月8日(木) ウェブサイトの全体的なアップデート。古くなった情報の整理やKW著作情報の追加など。 
  • 9月4日(金) 新刊情報追加。 
    『INTEGRAL LIFE PRACTICE 私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル』
    『入門 インテグラル理論 人・組織・社会の可能性を最大化するメタ・アプローチ』
    『インテグラル理論を体感する 統合的成長のためのマインドフルネス論』
    『万物の歴史』 (2020年復刊版)

2018年

 

拡大画像

既刊書のご案内

「インテグラル・シンキング 統合的思考のためのフレームワーク」 鈴木 規夫 著   コスモスライブラリー 出版

Amazonからもご購入いただけます。

  

■推薦文
「本書は、リーダーシップの発揮とグローバルな責任を果たしていく上で、重要な作品である。強く推薦する。」

ケン・ウィルバー / President of Integral Institute

■内容紹介
現代社会は、多種・多様な情報の氾濫の中で混乱・麻痺し、危機的な状況に陥っています。このような中で必要とされるものは、状況を統合的に把握し、真に必 要なものが何であるかを明確にしてくれる思考の枠組み「フレームワーク」です。また、それは、多忙な日常の中で自然に利用でき、人間の本能的な能力に根ざ したものである必要があるのです。本書では、このような観点に基づき、インテグラル理論をベースにした実践的な思考の「フレームワーク」を解説・提供しま す。