Integral Japan Mail Magazine Vol.52

******************************************************************
          Integral Japan Mail Magazine
            No. 52 (2011/09/04)
*******************************************************************
-----INDEX---------------------------------------------------------
【1】組織体制変更のお知らせ(必ずお読みください)
【2】個人情報の取扱い(必ずお読みください)
【3】イベントのご案内
【4】編集後記
-------------------------------------------------------------------

皆様、こんにちは。本日は、重要なお知らせが二つございます。必ずお読みい
ただき、特に「個人情報の取扱いについて」に関しましては、必要な方は弊社
までご連絡をいただきたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

【1】組織体制変更のお知らせ(必ずお読みください)

インテグラル・ジャパン株式会社(IJ)は、2011年10月1日より任意団体「イ
ンテグラル・ジャパン総合研究所」として活動することになりました。これに
ともない、インテグラル・ジャパン株式会社が行っていた事業および資産をイ
ンテグラル・ジャパン総合研究所へ移行いたします。

2007年にIJがインテグラル・ジャパン株式会社として活動をはじめた当初、そ
の目的は、インテグラル理論の最新の成果を日本の関係者の方々に紹介する
ことにありました。1995年に出版された『進化の構造』(Sex, Ecology,
Spirituality: The Spirit of Evolution)を契機としてケン・ウィルバーの
思想家としての位置づけは、トランスパーソナル思想家としてのそれから、全
く異なるものへと大きな変化を遂げました。そうした変化に伴い、ウィルバー
の思想の応用範囲は大きく拡大することになりましたが、日本においては、そ
うした変化については必ずしも十分に紹介されることはありませんでした。こ
うした状況を鑑みて、IJでは、様々な講座や出版をとおして、インテグラル理
論の最新の動向の一端を紹介することに焦点を絞り、これまでに活動を展開し
てきました。

幸いにも、こうした活動には多数の方々の御賛同と御参加をいただき、また、
出版社の御協力を得て数冊の関連書を出版することができました。くわえて、
それらの方々には、そうして紹介された情報を非常に創造的な仕方で自らの実
践と実務の現場に適用していただきました。

こうした状況の変化により、IJは、その主目的を実践者の方々の成果を共有す
るための空間として再設定して、活動を再開することにいたしました。これに
伴い、営利団体である株式会社よりも、任意団体として相互支援できる場にし
た方が適切であろうとの判断から組織の形態も変更いたします。

代表として、これまでの御愛顧に感謝を申し上げると共にこれからも御愛顧を
賜りますよう御願い申し上げます(代表・鈴木 規夫)。

【2】個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)

上記でご報告いたしました通り、インテグラル・ジャパン株式会社は2011年9
月末日をもって活動を停止し、10月1日よりインテグラル・ジャパン総合研究
所として新たに活動を開始いたします。このため、個人情報等、インテグラル・
ジャパン株式会社が保有する資産を一部新団体に引き継ぐことになります。

ご自分の個人情報(お名前、メールアドレス、ご住所等、メールフォームへの
登録や講座・IJ Membersへのへのお申し込みに際して弊社にて収集させていた
だいた情報)を新団体に継承することをご希望にならない方は、お手数をおか
けし恐縮ですが、2011年9月30日までにinfo@integraljapan.netまでお申し出
いただきたく存じます。期日までにお申し出がなかった場合、個人情報の新団
体(インテグラル・ジャパン総合研究所)での使用にご同意いただいたものと
みなさせていただきます。ただし、期日を過ぎた後でも、個人情報の抹消のご
希望があればいつでも対応いたしますので、10月1日以後は改めてお知らせす
る連絡先にご連絡いただければと思います。ご面倒をおかけしますが、どうぞ
よろしくお願い申し上げます。

*なお、メールマガジン配信スタンド(まぐまぐ、Melma!、めろんぱん)経由
でメールマガジンを購読されている方の場合、ごく一部の例外を除き弊社では
メールアドレスを把握しておりません。このため、上記スタンド経由でメール
マガジンをご購読の場合、配信停止をご希望の際は、お手数ですがご自分で当
該スタンドにて停止手続きをお願いいたします。配信スタンド経由でメールマ
ガジンを購読する一方、特に弊社宛にご連絡を頂いている一部の方につきまし
ては、別途ご連絡申し上げます(千葉)。

【3】イベントのご案内

1.ケン・ウィルバー研究会
[日時] 2011年9月19日(月祝) 13:00〜16:00
[場所] アトリエ・イフ・シーエイティー
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-32-9 ローズコート自由が丘2-A
(東急東横線・大井町線 自由が丘駅徒歩5分)
アクセス・マップ: http://www.color-art.jp/access.html
[参加費] 2,000円
[講師] 鈴木 規夫 (インテグラル・ジャパン代表)
[参考文献] 鈴木 規夫著 『インテグラル・シンキング――統合的思考の
ためのフレームワーク』(コスモス・ライブラリー)
*事前の申込は不要です。どなたでも、お気軽にご参加ください(参加費は、
現地で現金にてお支払いください)。
*詳細:http://blog.integraljapan.net/?eid=1445723

2.オーセンティック・ライフ:自分発見コース〜自分でつくる本当の自分の生
き方〜
[日時] 2011年10月22日(土)、11月26日(土)、12月17日(土) いずれも
13:30〜18:00(開場:13:00)
[場所] 東京都内(お申し込みされた方にお知らせします)
[参加費] 45,000円(全3回分) *第1回開催日に現地にて、現金にてお支
払いください
[講師] 坂本 敬行 (サイキック・カウンセラー/コンサルタント、
Spiritual Empowerment Japan 代表、ダイナミクス・オブ・ダイアログ LLP
パートナー、フロー・インスティチュート理事)
*任意団体・インテグラル・ジャパン総合研究所としての初めての主催事業と
なります。
*今回は、外部講師・坂本 敬行氏をお迎えして開催することとなりました。
全3回のセッションには、インテグラル・ジャパンの鈴木 規夫あるいは依浮 
とし子が同席いたします。
*自分らしい自分を生きたい、喜びあふれる豊かな人生を送りたいと思ってい
る方、個人の自律性を高めたい、自立的な人材を育成したいと思っている企業・
組織の人材開発担当者、コーチ・セラピスト・コンサルタント・教師として生
徒やクライアントの成長を支援する活動をしている方などに特にお薦めです。
*詳細・お申し込みはこちらまで:
http://integraljapan.net/info/seminar2011_IntegralSpirituality.htm

【4】編集後記

今回、組織変更により営利団体より任意団体に移行することになりましたが、
同じスタッフにて引き続き運営を行っていきます。仕事の仕方も特に今までと
変わらないかと思いますが、同じくインテグラル・アプローチを志向する皆さ
んとの共同作業は今までよりやりやすくなったかもしれません。組織変更によ
り、ご不便をおかけすることがあるかもしれませんが、今後ともどうぞよろし
くお願い申し上げます(千葉)。

*ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ! info@integraljapan.net
*本メールマガジンの送付先アドレスの変更、及び、配信不要の方は、
info@integraljapan.netまでご連絡ください。

-----------------------------------------------------------------
インテグラル・ジャパン・メールマガジン No. 52
配信日:2011年09月04日
発 行:インテグラル・ジャパン株式会社
http://www.integraljapan.net/
発行人:鈴木 規夫
編 集:千葉 絵里

*無断複製・転載を禁止します
------------------------------------------------------------------

   Copyright (c) 2011 INTEGRAL JAPAN All Rights Reserved