Integral Japan Mail Magazine Vol.49

******************************************************************
Integral Japan Mail Magazine
No. 49 (2011/05/10)
*******************************************************************
-----INDEX---------------------------------------------------------
【1】6月刊行予定! 待望の、エッセンスがつかめてすぐに活用できる一冊
『インテグラル・シンキング』
【2】IJ Members会員システム休止のお知らせ
【3】開催案内:インテグラル・コーチング基礎講座II――ヴィジョン・ロ
ジック・マインド――
-------------------------------------------------------------------
皆様、こんにちは。今号は、お知らせのみとなります。

【1】6月刊行予定! 待望の、エッセンスがつかめてすぐに活用できる一冊
『インテグラル・シンキング』

6月に、弊社代表・鈴木 規夫の初の単独著書、『インテグラル・シンキング』
がコスモス・ライブラリー出版より刊行されます。本書の狙いをご紹介します。

「現代社会は、多種・多様な情報の氾濫の中で混乱・麻痺し、危機的な状況に
陥っています。このような中で必要とされるものは、状況を統合的に把握し、
真に必要なものが何であるかを明確にしてくれる思考の枠組み"フレームワー
ク"です。また、それは、多忙な日常の中で自然に利用でき、人間の本能的な
能力に根ざしたものである必要があるのです。本書では、このような観点に基
づき、インテグラル理論をベースにした実践的な思考の"フレームワーク"を
解説・提供します。」

本書は、広く一般の方々に読まれることを願い、ケン・ウィルバー氏の著作や
トランスパーソナル心理学・インテグラル理論等について予備知識がなくても、
読み進めていくことができるよう配慮されています。また、豊富な事例を取り
上げ、インテグラル・シンキングを実際の生活や具体的なプロジェクトの中で
応用していく方法についても解説しています。まもなく刊行予定です。どう
ぞお楽しみに。

*『インテグラル・シンキング――統合的思考のためのフレームワーク――』
目次より
序章 統合的に思考するとは
第一章 世界の四領域
第二章 視野狭窄の罠
第三章 知性の成長段階
第四章 対極性の統合
むすび 実践に向けて
資料編

*推薦の言葉:インテグラル理論提唱者ケン・ウィルバー氏
「本書は、リーダーシップの発揮とグローバルな責任を果たしていく上で、重
要な作品である。強く推薦する。」

【2】IJ Members会員システム休止のお知らせ

先日来、検討を重ねておりましたIJ Members会員システムですが、このほど、
一時休止させていただくこととなりました。会員の皆様には、既に書面にてご
連絡しておりますが、ここで改めて皆様にもご案内申し上げます。先般、弊社
代表・鈴木 規夫より、会員の皆様にお送りした文章の一部を掲載いたします。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

***

今年の4月に更新期日を迎えておりました、弊社の会員制度(IJ Members)で
すが、今後の組織としての方向性の再検討に取り組んでいることもあり、ご連
絡が遅れておりました。

昨年はケン・ウィルバーの最新著作である『実践 インテグラル・ライフ』に
くわえて、日本人の執筆者による『インテグラル理論入門』(I & II)が出版
されるなど、インテグラル・ジャパンを設立した当初とくらべて、インテグラ
ル理論に関する情報も徐々にそろいはじめています。また、インターネット上
では、ウィルバー氏を含めて、海外のインテグラル・コミュニティの関係者の
発言が迅速に入手できるようになり、日本にいながらにして、世界の各地で展
開されている活動の状況が把握できるようになりはじめています。

こうした状況の中で、インテグラル・ジャパンでも、今後、情報発信をしてい
くうえで、新たな方法を模索することを求められています。これまで、IJ
Membersの特典として制作してきた『インテグラル・ライフ』は、インテグラ
ル・ムーヴメントの中心で活躍する重要な研究者・実践者のインタビューを紹
介することを目的として発行されてきました。しかし、この出版活動も、昨今
の状況を踏まえて、改めて見直しを必要とするときを迎えていることを実感し
ています。

つきましては、ここでIJ Membersの制度を一旦休止することを決断しました。
今後の状況の推移を検討したうえで、国内でインテグラル理論の研究や活動に
携わる関係者の方々のために価値をもちえるコンテンツが何かということを見
極めていきたいと考えております。

尚、ワークショップ・講座等に関しましては、随時、開催していきますので、
今後ともどうぞご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

インテグラル・ジャパン株式会社代表取締役
鈴木 規夫

【3】開催案内:インテグラル・コーチング基礎講座II――ヴィジョン・ロジッ
ク・マインド――

『インテグラル・シンキング』の刊行を記念し、本書の内容に即して「インテ
グラル・コーチング基礎講座II――ヴィジョン・ロジック・マインド――」を
開催いたします。昨年11月から今年1月にかけて開催された「インテグラル・
コーチング基礎講座――発達段階測定」とは別内容となっておりますので、「
発達段階測定」をご受講いただいた方も受講可能です。ふるってご参加くださ
い。

<開催案内>
インテグラル・コーチング基礎講座II――ヴィジョン・ロジック・マインド――
開催日時:2011年6月19日(日)、7月18日(月祝)、8月21日(日)、いずれも
13:30〜17:00
開催場所:アトリエ・イフ・シーエイティー(自由が丘)
講師:鈴木 規夫
受講料:45,000円(全3回分まとめてのお申し込みのみになります)

*講師からのメッセージ
インテグラル・コーチングは、統合的な枠組みにもとづいて、人間の能力を効
果的に開発するための方法です。インテグラル・コーチングには多様な要素が
ふくまれますが、その重要な基盤となるのが「ビジョン・ロジック」といわれ
る発想法(思考法)です。今日の複雑化する世界の中でわれわれが経験するこ
とになる課題や問題を真に効果的に解決していくためには、不可欠のものとな
ります。

危機や困難のただなかにあるクライアントを支援するにあたって、とりわけ重
要となるのは、クライアントが生まれながらに備えている知性や能力を活性化
する ことです。ビジョン・ロジック思考は、こうした知性や能力を見極めて、
それらを総合的に活用していくことを可能としてくれます。今回のワークショッ
プで は、クライアントの生得的な能力を活性化するための基礎的な能力を習得
することに焦点を絞ります。

*留意事項
この講座は、インテグラル理論を実際の人間関係や業務環境の中で活用してい
くための実践的な方法を習得するためのものです。従いまして、参加者の方々
には、事前にインテグラル理論の基礎を習得していただいていることが重要と
なります。また、その実践的な性格上、参加者の方々には、講座で習得いただ
いた知識や技法を倫理的に利用していただくことが重要となります。
*詳細・お申し込み:http://integraljapan.net/info/seminar2011_coaching.htm

*ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ! info@integraljapan.net
*本メールマガジンの送付先アドレスの変更、及び、配信不要の方は、
info@integraljapan.netまでご連絡ください。

-------------------------------------------------------------------
インテグラル・ジャパン・メールマガジン No. 49
配信日:2011年05月10日
発 行:インテグラル・ジャパン株式会社
http://www.integraljapan.net/
発行人:鈴木 規夫
編 集:千葉 絵里

*無断複製・転載を禁止します
--------------------------------------------------------------------

    Copyright (c) 2011 INTEGRAL JAPAN All Rights Reserved