全著作リスト


主著(翻訳書)

「存在することのシンプルな感覚」松永 太郎 翻訳 / 春秋社 2005年
「万物の理論:ビジネス・政治・科学からスピリチュアリティまで」 岡野 守也(翻訳) / トランスビュー 2002年
「ワン・テイスト:ケン・ウィルバーの日記」(上・下)青木 聡(翻訳) / コスモス・ライブラリー 2002年
「科学と宗教の統合」吉田 豊(翻訳) / 春秋社 邦訳2000年
「統合心理学への道:「知」の眼から「観想」の眼へ」松永 太郎(翻訳) / 春秋社 2004年
「万物の歴史」大野 純一(翻訳) / 春秋社 1996年
「進化の構造」(上・下)松永 太郎(翻訳) / 春秋社 1998年
「グレース&グリット:愛と魂の軌跡」(上・下)伊東 宏太郎(翻訳) / 春秋社 1999年
「眼には眼を」吉福 伸逸・プラブッダ・菅 靖彦・田中 三彦(翻訳) / 青土社 1987年
「量子の公案:現代物理学のリーダーたちの神秘観」田中 三彦(翻訳) / 工作舎 2000年
「構造としての神:超越的社会学入門」 井上 章子(翻訳) / 青土社 1984年
「空像としての世界:ホログラフィをパラダイムとして」 井上 忠・伊藤 笏康・渡辺 邦夫・井上 章子・山本 巍(翻訳) / 青土社 1983/1992
「エデンから:超意識への道」松尾 弌之(抄訳) / 講談社 1986年
「アートマン・プロジェクト:精神発達のトランスパーソナル理論」 吉福 伸逸・プラブッダ・菅 靖彦(翻訳) / 春秋社 1986年
「無境界:自己成長のセラピー論」吉福 伸逸(翻訳) / 平河出版社 1986年
「意識のスペクトル」(上・下)吉福 伸逸・菅 靖彦(翻訳) / 春秋社 1985年

主著(英語)

(ケン・ウィルバー全集“The Collected Works of Ken Wilber”は除く)

Integral Life Practice: How to Design Your Own Training Program for Body, Mind, and Spirit (with Terry Patten, Adam Leonard, and Marco Morelli). Integral Books, 2008.
The Integral Vision: A Very Short Introduction to the Revolutionary Integral Approach to Life, God, the Universe, and Everything. Shambhala, 2007.
Integral Spirituality: A Startling New Role for Religion in the Modern and Postmodern World. Shambhala, 2006.
The Integral Operating System. Sounds True, 2005.
The Simple Feeling of Being: Embracing Your True Nature. Shambhala, 2004.
Boomeritis: A Novel That Will Set You Free. Shambhala, 2002.
A Theory of Everything: An Integral Vision for Business, Politics, Science and Spirituality. Shambhala, 2000.
Integral Psychology: Consciousness, Spirit, Psychology, Therapy, Shambhala, 2000.
One Taste: Daily Reflections on Integral Spirituality. Shambhala, 1999/2000.
The Marriage of Sense and Soul: Integrating Science and Religion. Random House, 1998.
The Essential Ken Wilber: An Introductory Reader. Shambhala, 1998.
The Eye of Spirit: An Integral Vision for a World Gone Slightly Mad. Shambhala, 1997/2001.
A Brief History of Everything. Shambhala, 1996/2001.
Sex, Ecology, Spirituality: The Spirit of Evolution. Shambhala, 1995/2001.
Grace and Grit: Spirituality and Healing in the Life and Death of Treya Killam Wilber. Shambhala,1991/2001.
Spiritual Choices: The Problem of Recognizing Authentic Paths to Inner Transformation (with Dick Anthony & Bruce Ecker). Paragon House, 1987.
Transformations of Consciousness: Conventional and Contemplative Perspectives on Development (with Jack Engler & Daniel Brown). Shambhala, 1986.
Eye to Eye: The Quest for the New Paradigm. Shambhala, 1984/2001.
Quantum Questions: Mystical Writings of the World's Great Physicists. Shambhala, 1984/2001.
A Sociable God: Toward a New Understanding of Religion. Shambhala, 1982/2005.
The Holographic Paradigm and Other Paradoxes. Shambhala, 1982.
Up from Eden: A Transpersonal View of Human Evolution. Shambhala, 1981/1999.
The Atman Project: A Transpersonal View of Human Development. Shambhala, 1980/1999.
No Boundary: Eastern and Western Approaches to Personal Growth. Shambhala, 1979/2001.
The Spectrum of Consciousness. Shambhala, 1977/2002.

関連書(日本語)

『科学を捨て、神秘へと向かう理性』ジョン・ホーガン(著) 竹内薫(訳) 2004年(ウィルバーのインタビュー収録)
『教育トピックの教育学的考察』 村島 義彦 高菅出版(巻末に「オデッセイ」の翻訳あり)2002年
『トランスパーソナル・ヴィジョン 特集 ケン・ウィルバー』 吉福 伸逸(監修) 雲母書房 1989年
『アメリカ現代思想1』 吉福 伸逸(監修) 阿含宗総本山出版局 1986年(ウィルバーの論文収録)
『アメリカ現代思想4』 吉福 伸逸(監修) 阿含宗総本山出版局 1988年(ウィルバーの論文収録)
『死を超えて生きるもの:霊魂の永遠性について』 ゲーリー・ドーア(編) 笠原 敏雄・上野 圭一(翻訳) 春秋社 1993年(ウィルバーの論文収録)

関連書(英語)

Donald Rothberg and Sean Kelly (editors). Ken Wilber in Dialogue: Conversations With Leading Transpersonal Thinkers, Quest Books, 1998.
Lew Howard. Introducing Ken Wilber, AuthorHouse, 2005.
Brad Reynolds. Embracing Reality: The Integral Vision of Ken Wilber: A Historical Survey and Chapter-By-Chapter Review of Wilber's Major Works. Tarcher, 2004.
Brad Reynolds. Where's Wilber At?: Ken Wilber's Integral Vision in the New Millennium. Paragon House, 2006.
Frank Visser. Ken Wilber: Thought As Passion. SUNY Press, 2003.
Joseph Vrinte. Perennial Quest for a Psychology with a Soul: An inquiry into the relevance of Sri Aurobindo's metaphysical yoga psychology in the context of Ken Wilber's integral psychology. Motilal Banarsidass, 2002.