2009年新春 オープンワークショップ



社会や組織の激変が予想される2009年において、どのように自分に与えられた可能性を実現することができるでしょうか? 多くの人々が転機を迎えていると感じています。そして、多くの人々が日々の仕事を、真の自己実現の場にしたいと願うようになっています。

本プログラムは、インテグラル理論に基づいてLife Visionを明らかにするために作られました。ボディ・マインド・シャドー・スピリットを活性化し探求する事を通して、自己の核に息づく創造性を開花させる統合的なアプローチです。

からだの感覚やイメージを大切にしながら、湧いてくる「色」「形」「場所」などのキーワードによって「使命」のシンボルを掴み、明確化していきます。

本ワークによって、生を流れるダイナミズムを発見し、そこに連綿と息づく自分自身の「使命」を見出すことができるでしょう。


※終了しました。

 

講師プロフィール

依浮 とし子(アートセラピスト、インテグラル・ジャパン・ファシリテーター)

2006年以来、Integral Transformative Practice(統合的変容のための実践、ILPと同義)の実践グループで鈴木 規夫とともに共同ファシリテーターを務める。夢、絵画、ドラマ、ムーブメントなどを用いたセラピー/グループワークに豊富な経験を有し、創造的で柔軟なファシリテーションと、安心してじっくりと自分の課題に取り組める場づくりに定評がある。

山口 直人 (ボディワーカー、インテグラル・ジャパン・ファシリテーター)

Integral Transformative Practiceの実践グループで、ボディ・ワークを担当。心身統合的な自己を目指す実践に関心を持ち、さまざまな自己探求・自己成長の方法を長年にわたり学ぶ。整体の仕事やヨガ・サークルの主宰を通して多くの人たちのからだと向き合ってきた経験や、老師について禅を実践する本格的な瞑想実践から得られた洞察をもとに、日本で実践していくにあたってさまざまな工夫を加えたインテグラル・ボディ・ワークを提案している。

日時・場所・参加費

日時:2009年1月24日(土)  13:30〜16:30(開場13:15)
場所:品川区立総合区民会館きゅりあん研修室  大井町駅(JR京浜東北線,東急大井町線)徒歩2分
http://www.shinagawa-culture.or.jp/

参加費:3,000円(当日現金払3,500円)  ※定員に到達次第締め切ります。なるべく事前にお申込み下さい。

定員:20名