「インテグラル・コーチング」について

インテグラル・コーチングとは、個人の全人格的な成長を支援するためのコーチングです。これは、インテグラル理論にもとづいた自己成長と自己変容のための包括的な方法論であるILP(Integral Life Practice)を個人を対象とした1対1のコーチングに適用したものです。インテグラル・コーチングでは、人間が内包する多様な領域を包括的に把握したうえで、真に持続的な成長を促進するための統合的な支援を提供します。

深層的な個人の成長と変容を実現することにより、下記が可能となります:

  • 深層的な能力を鍛錬することをとおして、諸々の具体的な技法や能力(例:対話能力・交渉能力・論理的思考能力)の習得を効率的に実現する
  • 今日の「変革の時代」の急激に変化する状況に麻痺・混乱するのではなく、大局的な視野にもとづいて、そのただなかで人生をきりひらく強靭性と耐久性を開発する
  • 日常の様々な共同作業の現場において、他者(例:同僚・部下)を指導・支援するさいに、「小手先」の技法に頼るのではなく、相手の深層的な欲求と状況を洞察して、真に適切なアプローチをする
  • 日常生活そのものを成長を実現するための空間とすることにより、一生をとおしての変化と成長の方法を修得する

今日、個人の能力開発と人格的成長の促進を目的とするコーチングは多数存在します。しかし、それらは、インテグラルな視点にもとづいて検討されると、基本的に、限定的な領域に特化した非包括的なアプローチであるということができます。

「コーチング」とは?

一般的にコーチング・プログラムに関する説明には、必ずそれが短期間に最大の成果をあげることを可能とするものであることが強調されています。しかし、そうした説明文を読んだとき、少しでも人間というものについて誠実に思索したことのある人であれば、即効的な変化や成長を謳うそうした発想が本質的に甘い幻想にもとづいたものであることを認識することでしょう。

真の「変化」や「成長」とは、果たしてそれほど簡単に実現されえるものでしょうか?

確かに、「わたしは変化した」、「わたしは成長した」と思うことは可能化もしれません。しかし、往々にして、それは変化したという気分や感覚であり、長期的に持続可能な変化ではありません。それらはいずれ過去の記憶として忘れられていくものです。

今日、市場に氾濫する様々なトレーニングは、参加者に精神的な高揚状態をもたらしてくれます。そうしたとき、わたしたちは、日常生活では経験することのない強烈な至福や充足の感覚に満たされて、自らが「変化」や「成長」を実現したことを確信します。また、トレーニングを終えて日常生活にもどると、そこでは周囲の人々が「あなたは随分と変化したね」、「あなたは随分と成長したね」と肯定的な感想を伝えてくれるかもしれません。あるいは、そうした高揚状態のなかで確立した自らに対する自信にもとづいて、日常の生活や仕事の現場で、それまでにはない存在感を発揮して一時的に活躍することができるようになるかもしれません。

しかし、果たしてこれは真の変化や成長といえるものなのでしょうか? インテグラル・コーチングは、これらは限定的な変化や成長に過ぎないものとしてとらえます。

これまでに慎重な人間観察をしてきた人であれば、人間の成長や変化というものが、そうした表面的な意識状態の高揚や能力の発揮ではなく、むしろ、人間の深層的な領域で進行するものであることを知っています。真の変化や成長というものが、単なる「発想の転換」や「視点の転換」、あるいは、新しい「決意」や「態度」をとおして実現されるようなものではないことを知っているのです。また、それが「画期的」な「知識」や「技法」や「資格」を習得することをとおして実現されえるものではないことも同様です。

今日、市場ではコーチングと呼ばれる無数の技法や商品が提供されていますが、本質的に、その大多数はこうした表層的な変化や成長を約束するものです。しかし、あなたがそうしたトレーニングを修了して、自己の成長と変化を実現することができたと確信することができたとしても、今から10年後、そこで体験した「発見」や「歓喜」や「自信」や「変容」は果たしてあなたの内部に生きつづけているでしょうか? 10年後には、あなたをとりまく生活環境は劇的に変化していることでしょう。そのとき、10年前に習得した「技法」や「知識」や「洞察」に、あなたは意味を見出しつづけているのでしょうか?

そのとき、あなたはそれらが結局とのところ「変化」や「成長」という夢に過ぎなかったことを実感することでしょう。

「短期間に最大の成果をあげる」というメッセージを喧伝する多数のコーチング・アプローチの本質とは、結局のところ、今この瞬間に目の前に展開する社会の仕組みのなかで効率的に成果を創出していくための「気分」と「技法」を提供するだけのものに過ぎません。それは、「変化」や「成長」という幻想をあたえてくれるかもしれませんが、インテグラル理論が重視する「変容」(transformation)を志向するものではないのです。

具体的には、一般的なコーチング・プログラムは下記の2種類に大別することができます。

機能的な能力の鍛錬に特化したアプローチ

これは、戦略構築能力・対話能力・交渉能力等の具体的な実務能力の鍛錬に焦点をあてたアプローチです。こうしたアプローチは、技術や知識等を蓄積することが個人の成長をもたらすことになるという前提のもとに成立するものですが、実際には、そうした技術や知識を活用する主体である個人の構造的能力を鍛錬することが重要となることを無視するために、真の意味での持続的・統合的な成長を実現することはできません。

意識状態の変容に特化したアプローチ

これは、「フロー状態」等の非日常的な意識状態の醸成に焦点をあてたアプローチです。こうしたアプローチは、そうした非日常的な意識状態の体験が劇的な成長や変容をもたらすという前提のもとに成立するものですが、実際には、そうした体験があくまでも刹那的なものであり、個人の構造的な成長や変容に必ずしもつながらないことを看過するために、真の意味での持続的・統合的な成長を実現することはできません。

いうまでもなく、こうしたアプローチは、ある程度の効果を発揮しますが、個人の存在が内包する各層を包括的に探究・鍛錬するための視野を欠くために、往々にして、限定的な効果をあげるにとどまります。また、今日の急激な変化のただなかにある「変革の時代」においては、こうした従来型のアプローチは、特定の前提条件下において有効な「能力」や「技術」の鍛錬に焦点を絞るために、状況の変化に応じて必要とされる能力と方法を創造していくという真に重要な能力を開発することに失敗することになります。いうまでもなく、こうした従来型のアプローチはますますその有効性を喪失しています。

こうした限界を考慮して、インテグラル・コーチングは、個人の成長と変容を実現するための必須要素である統合的な実践活動(ILP)の構築と継続を支援することをとおして、個人の持続可能な成長を支援します。それは、個人の表層的な「技術」や「状態」や「能力」を鍛錬するのではなく、人間の「器」――深層的な能力――の成長・変容を促すことが必要となります。

いうまでもなく、こうした深層的な成長・変容を実現するためには、それなりの時間を投資することが必要となります。また、そこでは、個人の資質や状況に適合した統合的な実践(ILP)に継続的にとりくむことが重要となります。インテグラル・ジャパンでは、こうした視点にもとづいて、深層的な成長と変容の支援を提供します。

各回:75分
料金:
第1回:20,000円
第2回〜第6回:合計100,000円(半年価格)
第1回〜第6回は最大6箇月以内に消化することになります。

場所:自由が丘周辺

留意事項:
インテグラル・コーチングは、健常者の自己成長の支援を目的としたもので、医療を目的としたものではありません。精神疾患等を御持ちの方には、インテグラル・コーチングを体験するまえに、専門医の治療を受けていただくことを御願いすることがあります。

 

コーチ・プロフィール

鈴木 規夫Ph.D.

人間の心理的発達と能力開発の領域において10年以上にわたり研究と実践に取り組んでいる。企業組織における人材育成を主要な活動としており、主に発達段階の測定、リーダーシップ・パイプラインの構築、及び、エグゼクティブ・コーチングとリーダーシップ・トレーニングを担当している。
2004年にCalifornia Institute of Integral Studies(CIIS)で博士課程を修了。専門は、東洋と西洋の心理学(East-West psychology)。日本に帰国後、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバーのインテグラル思想の普及のための活動を展開している。 2005年より、個人の統合的成長を目的とする実践のプログラム(Integral Life Practice)、及び、組織文化の統合的変容のプログラム(Culture of Leadership Program)というインテグラル思想を基盤としたプログラムの実施に中心メンバーとして参加している。また、ケン・ウィルバーの主催するインテグラル・インスティトュートの創立メンバー。現在は、International Advisory Boardの一員として参加している。

言語:日本語、及び、英語

インテグラル・コーチング 申込手順


お申し込み方法

お申し込みのステップ

  1. インテグラル・コーチング規約をお読みいただき、宛に「氏名」「年齢」「性別」「郵便番号」「住所」「電話番号」、そして「初回面接希望時間(土・日・祝日のみ)」を記載の上送信ください。
  2. 申込を受け付けましたら、インテグラル・ジャパンよりメールにて講座へのご案内させていただきます。

プライバシーは厳守いたします。いただいた情報をこちらからの連絡以外の目的に用いたり、他の団体が利用したりすることはありません。