ケン・ウィルバーとは?

「ケン・ウィルバーは国宝である。東洋と西洋の叡智の文献の統合において、彼ほどの知性と感情の深さと広さをもって取り組んでいる人物はいない」

ハーバード大学教育学大学院 ロバート・キーガン教授


「わたしの新たな愛読書のひとつ」

アメリカ合衆国元副大統領 アル・ゴア


ケン・ウィルバー ( Ken Wilber, 1949 -)

アメリカの現代思想家。20以上にも及ぶ著作は世界中の言語に翻訳され、専門家・一般読者の双方に幅広く読まれています。代表作は『進化の構造』(Sex, ecology, spirituality / Shambhala, 1995)、 『宗教と科学の統合』(The marriage of sense and soul / Random House, 1998)、『万物の歴史』(A Brief history of Everything / Shambhala, 1996)など。

著作活動以外では、インテグラル思想の研究組織であるIntegral Instituteの主催、そして、2005年には総合大学であるIntegral Universityを発足、現在同大学のPresidentとして運営の中核を担っています。

 

紹介論文

資料